熊本県熊本市

熊本県熊本市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

熊本市は、日本の熊本県にある市の一つで、熊本県の県庁所在地であり、日本最南端の政令指定都市ですよ。

熊本市は熊本県の総面積の5.3%にあたる約390 km2の市域に、県内人口の約41.9%にあたる約74万人の市民が住んでいますよ。

熊本市は2012年(平成24年)4月1日に九州で3番目の政令指定都市に移行し、九州では、福岡市、北九州市についで、3番目に人口が多いですよ。

2011年(平成23年)3月12日、九州新幹線鹿児島ルートが全線開通し、熊本駅に新幹線駅が併設されましたよ。

熊本市の中心部は熊本城天守閣から見て南東から東に広がっていますよ。ただし、熊本城などからの眺望を確保するための環境基準により、中心部を含む熊本城周辺地域約550haには厳しい高さ制限がありますよ。

そのため、熊本市の中心部には高層ビルが存在しないが、当該地域の外にある熊本駅周辺の新都心地区には、くまもと森都心などの高層ビルが立地していますよ。

また、熊本市の中心部を囲むように立地する熊本駅・上熊本駅・新水前寺駅のJR九州3駅が交通結節とされており、中心部との間が熊本市電によってつながれていますよ。

一方で熊本市は、中心部を流れる白川・坪井川・井芹川の3本の川や水前寺成趣園、あるいは豊富な地下水、水前寺江津湖湧水群(平成の名水百選)などを称えて水の都とも呼ばれていますよ。

熊本市は福岡市から南へ約110km、鹿児島市から北へ約180km、熊本県の中央部よりやや北側に位置していますよ。

熊本市は旧城下町を中心に市街地が発展してきましたよ。

熊本市の中心繁華街である通町筋・辛島町界隈には市役所、日本郵政株式会社九州支社、日本最大規模のバスターミナルである熊本交通センター(1日6,012本)、鶴屋百貨店などがありますよ。

なお、熊本駅 (副都心)は中心街から南西に2km程離れて立地しており、その間は市電や路線バスでの移動となりますよ。

阿蘇外輪山へと続く熊本市の北東部や東部は、一部に立田山や託麻三山、白川沿いの河岸段丘など起伏のある地形もあるが、全体としては肥後台地(合志台地・託麻原(託麻台地))と呼ばれる阿蘇の火山灰土からなるなだらかで農地や住宅地に適した丘陵地となっていますよ。

熊本市の国道57号沿線の健軍地区 – 東町 (東町・東本町団地)・桜木・帯山・長嶺・託麻地区 –武蔵ヶ丘地区を軸に住宅地や東町、長嶺、大江をはじめとする住宅団地が広がっており、さらに市域を超えて菊陽町(光の森)や合志市、益城町まで住宅地が拡大しつつありますよ。

熊本市の人口は中央部とともに東部・北東部に集中していますよ(ベッドタウン)。これは、1953年の6.26水害の復興として、ゆるやかな丘陵地の北東部に住宅地が形成されていったためですよ。

熊本市の南東部 – 南部は熊本平野の一角をなし、平坦な風景が広がりますよ。

熊本市の江津湖の南側から加瀬川沿いの田迎・御幸・川尻周辺、さらに緑側を挟んで南側に位置する富合・城南にかけては低湿地であり、以前は大雨が降ると浸水する被害もでていたが、排水設備が整備された現在では宅地化も進んでいますよ(大規模なニュータウンとして、さんさん一丁目-二丁目など)。

熊本市の西部は有明海(島原湾)に面し、白川や坪井川が注ぎ込んでいますよ。海は遠浅で港湾とするには適しておらず、臨海部はほとんど工業化・都市化していませんよ。

熊本市の北西側には金峰山(665m)・二の岳(685m)などがそびえ、その東麓は中心部から伸びる住宅地と森林が入り交じっていますよ。

熊本市の北部・植木は主に金峰山北東の斜面地と、阿蘇から続く肥後台地の最西端からなり、独立して植木台地とも呼ばれていますよ。

熊本市の東方にそびえる阿蘇外輪山一帯に降り注いだ雨は地下に浸透し、約20年かけて平野部に達しますよ。この豊かな地下水によって熊本市の水道水はまかなわれ、水前寺成趣園や江津湖などにも湧出していますよ。

なお、世界の50万人以上の都市で、水道水源を100%地下水だけでまかなっているのは熊本市だけといわれており、日本一の地下水都市または世界一の地下水都市ともいわれていますよ。

熊本市は温暖な太平洋側気候で、京都などの盆地型の気候(夏暑く、冬も寒い)にも似ていますよ。有明海に面しているもののまわりを山に囲まれていることから、盆地特有の気候で、夏冬の寒暖の差が大きいですよ。

熊本市の人口は、政令指定都市になってからここ数年は微増傾向にありますよ。

2007年(平成19年)度の熊本市の市内総生産は2兆1507億円で、熊本県全体の約37%を占めており、パラグアイの国内総生産を凌ぐ経済規模を有していますよ。

熊本市は日本でも有数の農業王国で、農家総数、専業農家数、農業就業人口、経営耕地面積は九州1位、農業産出額は日本の市町村中6位ですよ。

熊本市の江津湖以南の市南西部 – 西部の田園地帯では米をはじめ、ナス、メロンを含む園芸作物各種が作られ、米とメロンは九州で1位、ナスは日本で2位の産出額ですよ。

熊本市の金峰山山麓の河内地区、小島地区、北部地区は温州みかんの一大生産地となっており、周辺地区には選果場や加工工場も多いですよ。

熊本市北部 – 植木町はすいかの名産地として名高く、また東部地区(戸島地区など)では、メロンなどの畑作のほか、近年かなり数は減ったものの酪農も行われていますよ。

熊本市の水産業としては、有明海の干潟ではノリやアサリなどが水揚げされるほか、白川河口や江津湖では河川漁業、錦鯉などの養殖も一部で行われていますよ。

従来より、熊本市内には(熊本駅南側のムーンスターの工場(現合同庁舎の地)は除き)大規模工場の立地は進まず、現在もルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリングの半導体工場やフードパルでの食品工業を除けば、大規模な企業・工場は少ないですよ。

熊本市の中心部には、上通商店街・下通商店街・サンロード新市街の3つの繁華街がありますよ。

特に熊本市の下通は、県内最大かつ九州でも上位の賑わいを見せており、平日50,000人、日曜日65,000人の来街者を有し、(一地点での通行量は(2010年(平成22年)8月調査で休日に約3万人)、核的中心専門街としての商業集積は県内でも群を抜いていますよ。

これらの繁華街は、上通北側に熊本電気鉄道の藤崎宮前駅が、上通と下通の間に熊本市電通町筋停留場や鶴屋、パルコをはじめとする百貨店が、サンロード新市街の周辺には熊本市電辛島町停留場、バスターミナルの熊本交通センターがそれぞれ立地し、それらの間を行き来させる回廊の役割を果たしていますよ。

熊本市の百貨店・大規模小売店として、鶴屋百貨店、パルコ熊本店、COCOSA、カリーノ下通店、aune熊本、ドン・キホーテ熊本中央店、イオン熊本中央店、ゆめタウン(ゆめタウンはません、ゆめタウンサンピアン)、サンリブシティくまなん、ドン・キホーテパウ上熊本がありますよ。

熊本市の鉄道として、九州旅客鉄道(JR九州)(九州新幹線、鹿児島本線、豊肥本線)、熊本電気鉄道(熊電)(菊池線、藤崎線)、熊本市交通局(熊本市電)(A系統、B系統)がありますよ。

熊本市のバスは、熊本市の中心部にある日本最大規模のバスターミナル、熊本交通センターを中心に路線網が展開されていますよ。

熊本市の一般路線バスとして、熊本都市バス、九州産交バス、熊本電気鉄道、熊本バスがありますよ。

熊本市の高速バス・特急バス・快速バスとして、九州産交バスなどを主体に、福岡市、北九州市、長崎市、大分市、宮崎市、鹿児島市など多数の都市を結んでいますよ。

熊本市の高速道路として、九州自動車道がありますよ。

熊本市の最寄り空港は、熊本空港(阿蘇くまもと空港)で、熊本市内や肥後大津駅から連絡バスが運行されていますよ。

熊本市の港湾として、熊本港、百貫港があり、熊本港には、九州商船(フェリー)、熊本フェリー(フェリー)、高麗海運(貨物船)がありますよ。

熊本市の名所・旧跡・観光スポットとして、熊本城、北岡自然公園、島田美術館、釣耕園・叢桂園、本妙寺、金峰山、小萩園、雲厳禅寺、熊本市現代美術館、夏目漱石内坪井旧居、藤崎八幡宮(藤崎宮)、立田自然公園、五高記念館、桜山神社、新開大神宮、熊本国際民藝館、武蔵塚公園、水前寺成趣園、江津湖、熊本市動植物園、水前寺江津湖公園、四時軒、大慈禅寺、フードパル熊本、熊本競輪場、健軍神社、雁回山(木原山)などがありますよ。

熊本市の郷土料理・食品として、太平燕、熊本ラーメン、馬刺し、辛子蓮根、一文字グルグル、納豆、御飯の友(株式会社フタバ・ふりかけ)、山うに豆腐、しゃこ(しゃく)、米焼酎、赤酒、いきなり団子、朝鮮飴、誉れの陣太鼓(お菓子の香梅・和菓子)、本丸(お菓子の香梅・和菓子)、武者がえし(お菓子の香梅・和菓子)、加勢以多(お菓子の香梅・和菓子)、せんば小狸(熊本菓房・和菓子)、黒糖ドーナツ棒(フジバンビ・駄菓子)、河内みかん、ひご野菜などがありますよ。